訪問介護施設一覧~紹介サイト 関東Top >  東京都の施設 >  高齢者在宅サービスセンターフレンズケアセンター

[スポンサード リンク]

高齢者在宅サービスセンターフレンズケアセンター

 施設の名称
 高齢者在宅サービスセンターフレンズケアセンター
主業務など
在宅介護サービス.老人福祉施設.デイサービス.
所在地
154-0002 東京都世田谷区下馬2丁目21-11
お電話番号
03-3422-7211

【介護施設に関するお役立ち情報】

認知症は、高齢による物忘れとは、違います。

認知症は、おり、認知症を特別事が理念としています。

認知症である現実を受け入れていたとしても、突然の事で感情的に叱ってしまうケースも多いと思います。

ケアを共同生活を送る中で、食事の支度や掃除・洗濯などの日常生活や、年行事等のレクレーション等をスタッフと共に行ったり、また、プライベートも尊重しながらゆとりと安心を持った生活環境をつくり、認知症症状の進行を穏やかに、心安らかに暮らして頂くことを目的としています。

そういった生活を送ることで実際に認知症の症状が軽減された方や穏やかになった方もいるようですよ。

ケアマネジャー試験は、実際は介護支援専門員実務研修受講試験と言い、全国同じ日に各都道府県にて実施しています。

受験資格は、医師・歯科医師・薬剤師・社会福祉士・介護福祉士・理学療法士・作業療法士・看護師・保健師・柔道整復師・歯科衛生士・栄養士などの指定の資格保有者でその資格を5年以上か一部は人のみが受験することが出来ます。

介護支援専門員(ケアマネージャー)は介護保険制度において、介護をされる人達に最も職です。

在宅介護の充実が叫ばれる中で、必要性も認識されてきました。

内容は介護保険において要支援・要介護と認定された方々に対しての、介護プランを作成し更には職業です。

介護施設に入院入所すれば、介護プランを作成しなくても必要なサービスが受ける事が出来、特に調整の必要もなく、介護支援専門員なるものも必要ないとされていました。

在宅で介護する場合にはやはり何らかの調整が必要となりますが、知識のない家族だけでは自分達にサービスも判らず、自分に合ったサービスを提供してくれるところを見つけるのは、困難です。

その為には、家族に判るように説明して頂ける人や、サービスをコーディネートする人間が必要となるので介護支援専門員(ケアマネージャー)が多くなった理由ではないしょうか。

関連エントリー

訪問介護施設一覧~紹介サイト 関東Top >  東京都の施設 >  高齢者在宅サービスセンターフレンズケアセンター