訪問介護施設一覧~紹介サイト 関東Top >  東京都の施設 >  杉並区地域包括支援センターケア24高井戸

[スポンサード リンク]

杉並区地域包括支援センターケア24高井戸

 施設の名称
 杉並区地域包括支援センターケア24高井戸
主業務など
在宅介護サービス.老人福祉施設.
所在地
168-0071 東京都杉並区高井戸西1丁目12-1
お電話番号
03-3334-2495

【介護施設に関するお役立ち情報】

ケアマネジャー試験は、実際は介護支援専門員実務研修受講試験と言い、全国同じ日に各都道府県にて実施しています。

受験資格は、医師・歯科医師・薬剤師・社会福祉士・介護福祉士・理学療法士・作業療法士・看護師・保健師・柔道整復師・歯科衛生士・栄養士などの指定の資格保有者でその資格を5年以上か一部は人のみが受験することが出来ます。

介護支援専門員(ケアマネージャー)は介護保険制度において、介護をされる人達に最も職です。

充実が叫ばれる中で、必要性も認識されてきました。

介護プランを作成しなくても必要なサービスが受ける事が出来、特に調整の必要もなく、介護支援専門員なるものも必要ないとされていました。

その為には、サービスをコーディネートする人間が必要となるので介護支援専門員(ケアマネージャー)が多くなった理由ではないしょうか。

介護保険施設は、ただ単に看護や介護サービスを行うところではなく、施設の生活においてゆとりや潤い提供し、入居者本人達が楽しく充実した毎日を送る事も考える事が重要とされています。

その為には利用者の生活支援をどう考えているか、入居者本人、家族との面接により得られた情報をもとにして、入居者が充実した生活を過ごすため生活のどの側面にどのような支援が必要か、全体として、療養上の目標をどう組み立てていくかをまず初めに考える事が重要になってきます。

状況を的確に把握し、全職員の共通認識のもとに行う事が大切だと思われます。

このため、介護保険施設では、利用者個人の意思などの人格の尊重と保護を基本に置き、職員全員で短期的並びに中・長期的な視点に立ち、課題を明らかにし、計画担当介護支援専門員を中心にした、施設サービス計画を策定していく必要があります。

看護・介護の必要性や、状態像などだけで利用者を高齢者一人ひとりの生きて時代背景についての知識を積み重ねたり、想像力をもって利用者の人生に思いを人生を知った上で状況を理解していくことも重要です。

作成にあたっては薬剤師、他にも理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といった助言を求め、るのも重要だと考えられます。

関連エントリー

訪問介護施設一覧~紹介サイト 関東Top >  東京都の施設 >  杉並区地域包括支援センターケア24高井戸