訪問介護施設一覧~紹介サイト 関東Top >  神奈川県の施設 >  横浜市地域ケアプラザ/新子安地域ケアプラザ

[スポンサード リンク]

横浜市地域ケアプラザ/新子安地域ケアプラザ

 施設の名称
 横浜市地域ケアプラザ/新子安地域ケアプラザ
主業務など
在宅介護サービス.老人福祉施設.デイサービス.
所在地
221-0013 神奈川県横浜市神奈川区新子安1丁目2-4
お電話番号
045-423-1701

【介護施設に関するお役立ち情報】

生活科学運営が、ワーカーズと組んだ狙いは、ホームは地域から為、存在感を示すためにも交流機能を持つことが重要だと考えられる為だと考えられています。

設立時には生活科学運営の社員が2ヶ月間介護の現場で一対一でみっちりと研修してくれ、不備が無いようにサポートしています。

葬儀、移動サービスなどをワーカーズのビジネスの拠点として開放することで、地域のホームの好感度も高まり、一般の事業会社でなく「地元の主婦を育て、地域にサービスとして還元する」というのが今や生活科学運営の事業モデルとなっています。

同社が運営する「ライフ&シニアハウス港北」は介護施設の介護、食事、清掃、洗濯を地元ワーカーズやNPO法人などに委託し、他にも「ライフ&シニアハウス日暮里」(東京・荒川)はサービスなどを提供しています。

ワーカーズのように「地元の人材などにホームを支えてもらいながらサービスを提供する」という生活科学運営の手法にすると街に活力をもたらすのは交流ですね。

介護療養型医療施設は介護保険から報酬が支払われる特別養護老人ホーム、老人保健施設と「介護3施設」と呼ばれており、医療法で療養病床を有し、看護、医学的管理のもとで、介護は言うと介護とともに療養病床の施設のことです。

厚生労働省は12月、介護療養型医療施設を方向性を打ち出しました。

介護療養型医療施設が、必ずしも期待通りの役割を果たしておらず費用対効果の点からも問題だという指摘があります。

その理由は、介護療養型医療施設は、老健と比べて多く、月額費用は、「要介護5」を老健と比較してみると特養や老健が11万~13万円程なのにも関わらず介護療養型医療施設約48万円に上るといわれています。

平成18年度医療制度改革関連法案によると、平成24年3月を目処に介護療養型医療施設は廃止されるといわれており、その後は、15万床程度が療養病床に、23万床が介護老人保健施設やケアハウス等居住系サービスへ転換すると見通しされています。

関連エントリー

訪問介護施設一覧~紹介サイト 関東Top >  神奈川県の施設 >  横浜市地域ケアプラザ/新子安地域ケアプラザ