訪問介護施設一覧~紹介サイト 関東Top >  埼玉県の施設 >  川口市老人介護支援センターきょうどう

[スポンサード リンク]

川口市老人介護支援センターきょうどう

 施設の名称
 川口市老人介護支援センターきょうどう
主業務など
在宅介護サービス.老人福祉施設.
所在地
333-0831 埼玉県川口市大字木曽呂1265-2
お電話番号
048-297-7671

【介護施設に関するお役立ち情報】

老人介護施設は介護認定を受けられた方が対象の施設になり、場合によっては、40歳以上65歳未満の方でも条件によって介護認定を貰えば入居可能ですが、おもに65歳以上の寝たきりやそれに近い状態のお年寄り、または、認知症のあるお年寄りが入居できる施設になります。

その中でも病状が安定して治療や入院は必要はないが、看護やリハビリや介護・身の回りの世話などを必要としているお年寄りのための施設になります。

家庭で介護している家族の為にも介護認定者が家族の負担にならないように介護者がやむ終えず一時的に面倒を見れなくなった為の一時入居サービスなどもあるそうです。

施設を選んでくださいね。

生活科学運営が、ワーカーズと組んだ狙いは、ホームなどの介護施設の入居者もその土地の住民であるのにも関わらず、それなのにホームは地域から為、存在感を示すためにも交流機能を持つことが重要だと考えられる為だと考えられています。

設立時には生活科学運営の社員が2ヶ月間介護の現場で一対一でみっちりと研修してくれ、不備が無いようにサポートしています。

葬儀、移動サービスなどをワーカーズのビジネスの拠点として開放することで、地域のホームの好感度も高まり、一般の事業会社でなく「地元の主婦を育て、地域にサービスとして還元する」というのが今や生活科学運営の事業モデルとなっています。

同社が運営する「ライフ&シニアハウス港北」は介護施設の介護、食事、清掃、洗濯を地元ワーカーズやNPO法人などに委託し、他にも「ライフ&シニアハウス日暮里」(東京・荒川)は厨房で作る料理を、高齢者にも宅配するサービスなどを提供しています。

近年は、高齢化が急速に進み、従来どちらかと言えば地域と隔たりがあった老人ホームなどの介護施設を地域にとって欠かす事の出来ない施設にする、という特定の世代だけで街を構成してしまい、月日が達ち高齢化とともに活力を失った東京の多摩ニュータウンや大阪の千里ニュータウンのような反面教師がいたお陰で、街づくりでも新たな潮流になっています。

ホームづくりは、ワーカーズのように「地元の人材などにホームを支えてもらいながらサービスを提供する」という生活科学運営の手法にすると街に活力をもたらすのは交流ですね。

関連エントリー

訪問介護施設一覧~紹介サイト 関東Top >  埼玉県の施設 >  川口市老人介護支援センターきょうどう