訪問介護施設一覧~紹介サイト 関東Top >  埼玉県の施設 >  安行老人介護支援センターひまわり

[スポンサード リンク]

安行老人介護支援センターひまわり

 施設の名称
 安行老人介護支援センターひまわり
主業務など
訪問介護.在宅介護サービス.
所在地
334-0057 埼玉県川口市大字安行原2451-3
お電話番号
048-294-2185

【介護施設に関するお役立ち情報】

全国有料老人ホーム協会とは、全国の有料老人ホームの中で最高機関に位置して現代は高齢化社会と言われているように、長寿国家になってきました。

その為高齢化に有料老人ホームでは、入居の期間が最長で30年を越える方々も沢山出てきました。

協会では一般市民に有料老人ホームの意向調査を実施して、入居希望者のニーズを把握することによって、今後のホームのあり方について研究しています。

協会では、入居希望者あるいは有料老人ホームの情報を求めている家族の方達のための事業を行っていて、毎年春と秋に全国各地で行うセミナーで、講演会や相談会も行っています。

生活科学運営が、ワーカーズと組んだ狙いは、ホームなどの介護施設の入居者もその土地の住民であるのにも関わらず、それなのにホームは地域から為、存在感を示すためにも交流機能を持つことが重要だと考えられる為だと考えられています。

設立時には生活科学運営の社員が2ヶ月間介護の現場で一対一でみっちりと研修してくれ、不備が無いようにサポートしています。

葬儀、移動サービスなどをワーカーズのビジネスの拠点として開放することで、地域のホームの好感度も高まり、一般の事業会社でなく「地元の主婦を育て、地域にサービスとして還元する」というのが今や生活科学運営の事業モデルとなっています。

同社が運営する「ライフ&シニアハウス港北」は介護施設の介護、食事、清掃、洗濯を地元ワーカーズやNPO法人などに委託し、他にも「ライフ&シニアハウス日暮里」(東京・荒川)は厨房で作る料理を、高齢者にも宅配するサービスなどを提供しています。

近年は、高齢化が急速に進み、従来どちらかと言えば地域と隔たりがあった老人ホームなどの介護施設を地域にとって欠かす事の出来ない施設にする、という特定の世代だけで街を構成してしまい、月日が達ち高齢化とともに活力を失った東京の多摩ニュータウンや大阪の千里ニュータウンのような反面教師がいたお陰で、街づくりでも新たな潮流になっています。

ホームづくりは、ワーカーズのように「地元の人材などにホームを支えてもらいながらサービスを提供する」という生活科学運営の手法にすると街に活力をもたらすのは交流ですね。

関連エントリー

訪問介護施設一覧~紹介サイト 関東Top >  埼玉県の施設 >  安行老人介護支援センターひまわり